2016-04-08

とまった

いえ、ゲーム製作のことではありません。そっちは、もっと前から止まってますから^^
ずっと将皇将棋Lv1と対戦してたんですが、やっぱり慣れてない形は苦労してましたし、いまでもちょっと、あまり見かけない動きをされるとどうしていいか分からなくなるんですが、それでもやれないことはありません。最近は、Lv1の動きはおかしすぎて弱すぎるな・・・と思うこともしばしば。
ところが、ところがですよ。
これがLv2になると強すぎてどうしていいか分からなくなるのです。何回かに一回くらいは勝てるんですが、勝てても何で勝ったかわかりません。他のソフトで読み込ませてチェックしてみても、いまいちはっきりしない。途中まで1000ポイントくらい優勢でも負けたりとか。
ただなんとなく感じているのは、いかにうまく飛車が死ぬかが勝敗を分けてるような気がします。勝ったときって、意外と飛車は取られてるんですよね。飛車交換とかじゃなくて、もっと損の形で。とられちゃダメなのかもしれませんが、とられないように無理をするより、上手にとらせる方が現実的だし、効果的な気がしなくもないこのごろ。

でも全体的に見て、成長が止まってきたので、おかげで製作に戻る気力が湧いてきました。今日はちょこちょことプログラムをさわりウィンドウを作ったりしました。なんであれ成長期というのは楽しいもので、WOTもちょっとずつ上達しているのを実感していた時期はずいぶんやっていた気がします。
まぁ、これまでちょっと駆け足でやってきた気もしますので、もうちょっとゆっくりやるようにしたいところではあります。

でも将皇将棋にはもうちょっと勝てるようになりたいところです。K-Shogi先生は比較にならないほど上ですから。でも将皇ですらまだLv3が控えてるんですよねぇ・・・。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Copyright (C) 旅の雲. All rights reserved. Template by Underground